学会3世、ありさのブログへようこそ。

「一行日記」に初めて来られた方は
この前身、「【復刻版】マインドコントロールと戦う日々」へどうぞ。
→ こちらをクリック

<<ご相談内容の格納庫>>
一行日記*二冊目*
→ こちらをクリック

<NEW>テキトー更新の三冊目は
→ こちらから

2009.1.3.
ご相談の受付を再開しました。
プロフィール内のメールフォームをお使い下さい。

※ご注意※
ご相談は2世・3世問題のみとさせて頂きます。
妄信会員様との論議は行いません。


<更新履歴>
2009.1.3. リンク切れを整理しました。
2007.9.10. リンク切れを整理しました。
2007.3.12. リンクを追加しました。
2007.3.6. リンクを追加しました。


2005年04月27日

学会員だとわかっちゃう人

これは気をつけたほうがいいと思う。


「お疲れ様です」じゃなくて「ご苦労様です」と言う。


学会ではなぜか「ご苦労様」なのです。
それに「ご苦労様」と言われた相手には
「ご苦労様」とは返事しない。
かと言って「お疲れ様」と言うと浮きます。
新聞屋とか郵便屋に言うのはいいけれど、
会社とかで平気で皆に言っちゃう人って怪しい。
女子部ではぼちぼち「お疲れ」と言う人がいましたが、
四者的にはちょっとこれは使えないですね。

社会人の常識として、
目上から目下には「ご苦労様」、
目下から目上には「お疲れ様」、
同等の立場なら「お疲れ様」って言うんじゃなかったけ?

それともみんな「エラい人」なのかしら?
昔から気になっていた疑問です。
ちなみに私はかなり組織で苦労していたので、
お疲れ様よりは「ご苦労様」と言われた方が
よっぽど筋が通っていますが。
でもなんか見下されているようでムカつく。
posted by ありさ at 09:37| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

手帳発見

片づけをしていたら、昔の手帳がゴロゴロ出てきました。
ある月の私の予定をご紹介します。
当時、精神安定剤を飲みながら活動してました。
自分を自分で壊してます。
初めて画像もUPしてみました。


2005_030989E6919C0002.jpg


この殺人的スケジュールの注目すべき点。
でもこんなのは序の口です。
もっと凄い人がたくさんいると思います。

・怒涛の本部幹部会同時中継役員連続3日間
・100人近いメンバーの名簿回収に明け暮れる
・ハンコックの演奏が同時中継されるのをネタに
 音楽好きを会合に誘おうと思っている節バレバレ
・心身症で病院通い(体壊してるのに)
・なによりもゴールデンウィーク返上の活動!!!!!


まったく、よくやるよ。私。
だって悩んで薬飲んでるのに、それでも活動だもん。
そんなに悩むならサッサとやめちまえと今頃思う。
この時の矛盾は、今でもよく説明ができない。
これがマインドコントロールの極みだと思う。

嗚呼、私ってバカ。
posted by ありさ at 09:25| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

Xデーについて、私の仮説。Part.2

もし分裂が起きた時、本部職員はどうなるのでしょうか。
例えば本部を引き継いだ方がいわゆる「非常識派」で、
(今でも十分非常識ですがね)
自分は常識派だと思っている人は残るのでしょうか。
それ以前に本部職員の誰もがみな"常識"を持ち合わせてると
本気で思っているのでしょうか・・・
それともお金をもらって学会本部に損えているのだから
給料の為に我慢もするのでしょうか。

私が一般企業の人事担当だったら、
創価大学出身ならまだしも、履歴書に本部勤務とあったら
一度は会いますが、すぐ落とすと思います。
どんなことを言ったら人が(面接官が?)喜ぶのか、
学会員は長年の経験を通してわきまえています。
みんな揃って、同じような事を言う。
なんだか作られたようで、私はキライです。
学会という限られた空間で生きてきたならではの
知識や人格形成の構築のされ方だと思います。
それに学会員は人を・ますのは大の得意ですが、
自分を他人に・して売り込むのが苦手です。
特に2世3世は、常に「教え込まれた文章」しか
頭の語彙に入っていません。
せっかく大勢の前では緊張しないのに、残念です。
自己アピールも恐らく苦手だと思いますし、
本部を辞めたら再就職もなかなか困難でしょう。
(その頃はもう題目あ造る気力は残っているのか?)

考えるだけでも、学会のXデー以後は混乱しそうです。
posted by ありさ at 00:00| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

Xデーについて、私の仮説

来るXデーについて、私の想像第二弾。

以前、香峯子氏が力を握るのではないかという仮説を
このブログで立ててみましたが、
もし分裂が起こるとしたらこうなるんじゃないかという
またまた私の偏見による仮説を立ててみました。

「常識派 vs. 非常識派」
幹部でも、常識を元にして指導をされる方と、
非常識で根っからブッ飛んじゃった方がいますね。
ヘンな事を言ったら、上から検閲が入りますから、
表面上は同じ事を言っている感じがしますが、
行間を読むように心がけていると、
なんとなくこの二つの区別がついてきます。
この方々、実は裏では結構溝があると思うのです。
前に幹部どうしのいざこざとか陰口の話をしましたが、
もしキッチリ束ねる上司がいなくなったら
この影の溝が表面化するかなと思うのです。

組織の中を見ていると、特に末端は荒廃しています。
うちの地域は婦人部が良く喧嘩していますし、
壮年部も会合に出てきません。
そしてどんどん減り続ける未来部・・・
こんな弱い時にXデーが来たら、すぐにバラバラになる。

誰がXデーの声明を出すのかが気になる。
それ次第で皆がまとまるか分かれるかが決まりそうだ。
「ぜんごぐの〜」で始まる言葉位しか記憶に無い彼など
いつも原稿読んでる人に
心のこもったスピーチが出来るかどうか不安だ。
香峯子氏が行ったら啜り泣きと同情が起こりそうだが、
女性を第一声に持ってくるのは中央が許さないだろう。
私は「女性抄」という学会書物が心の底から嫌いだ。
女性は結婚してダンナに尽くしてこそ幸せなんていう
時代錯誤なことを延々と語っているのだ。
男性が第一線。女性は複線。これが本当の所だ。
現場はいつも、男性が指揮を取るのだ。
21世紀は女性の時代とか大きい事を言っているが、
実際の組織は全然そんなことない、
聖教新聞の記事だけの絵空事だ。本当にお上手だ。

いろいろ考えると、適任者が思いつかない。
本部も恐らく考えるだろう。
「誰が一番物腰が柔らかくてカリスマ性があるか」を。
posted by ありさ at 00:00| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

本部勤めのお布施って

給料を返還するってことだよな。
posted by ありさ at 09:35| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

正義というのは基本的に味方なのだ

よく「正義の味方」というけれど、
その意味合いは
「正義感を持った人とか、実際ヒーローみたいな人が
目の前に現われて自分を助けてくれる」
みたいな感じではないかと思う。

学会員は「先生の正義を証明する」と言うが、
何のこっちゃない、正義じゃないから証明できないのだ。
学会が発足してからここ何十年も達成できない、
まことに本拠地日本での証明が難しい、
学会員の言う「正義」。

正義の味方の定義が本当だとしたら、
正義じゃないってことは、味方にはなりえないわけだ。
一見正義じゃない事が巡り巡って
プラスになる事もあるけれど、
それにしても、早く気が付いて欲しいよなぁ。
posted by ありさ at 10:16| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

こんなの反対に決まっている。

少し前から左下の方に書かせて頂いていますが、
私は人権擁護法案に反対しています。
こんな法案が可決されてしまったら、
学会の真実を誰が伝えるのだろうか。
しかも公明党が推進しているということではないか。
組織の守りに入ったのでしょうか。

http://blog.livedoor.jp/no_gestapo/

もしこの法案が可決されようものなら、
私の様なブログ書きはすぐに見つけ出されて
すぐに摘発されてしまうだろう。
法律まで作って学会組織を守ろうとしているように
どうしても見えてしまってならない。
そう思うのはきっと私だけではないはずだ。

そんなことがあろうものなら、
学会はずっとのさばっていくだろう。
学会が自分を守ろうとすると、
それに比例するように傷つく人が増える。
私もまた、胸が痛む。
posted by ありさ at 09:34| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋愛の方程式

(本日はSex And The CityのCarrie風にお読み下さい)


先週の土曜日、習い事に行く途中でカップルと遭遇した。
なにやら大声を上げながら向こうから歩いてくる。
彼女は「浮気してるでしょ!」と問い詰めている。
その争いは醜くて、耳栓がここに無い事を後悔し、
そのまま本棚の裏にでも隠してしまいたい気分だ。

彼の方を見てみる。
少なくとも私にとっては全くタイプではない
松村邦洋似で割腹の良い汗かき男。(失礼)

そこで私の頭に浮かんだ言葉。

「あばたもえくぼ」

彼女は彼に盲目な恋をしちゃってるわけだ。

その途端、頭の中に「学会に盲信=恋愛」の方程式が。
そうそう、バリバリ盲信学会員は
学会の組織に恋しちゃってるのだ。
だから悪いところも良いところに見えてきちゃったり
命もかけれちゃうわけだ。

ああ、私は最低な男と恋愛をしていたのだ。
学会という、利用するだけ利用して、
信じなくなったら「地獄へ落ちる」と捨て台詞吐いて
私を放り出した、最低な男と。
なんであんな最低な男と付き合っていたかは、
きっと私が弱かったからに違いない。
守ってもらいたかったのだ。
正義という言葉や、連帯感や、カリスマの存在に。

人は弱い生き物だと思う。
守ってもらいたいと、心の片隅ではいつも願っている。
でもそんな人に頼る弱さはカケラも武器にはならない。
その弱さを認めた時に、初めて武器になるのだ。
武器になったのなら、正義も連帯感もカリスマも不要。
もう舞台は大きな一般社会にあるのだ。
学会の舞台は、学芸会の紙芝居ケース並なのだ。
posted by ありさ at 09:26| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

嘘はつけないのだ

とくに芸術家に対して。
音楽やってる人も、デザイナーも、絵描きさんも。
私にアイデンティティーの断片化があるのを
すぐに見破ってしまう人達。

これでも音楽愛好家の端くれなので、
演奏したり歌ったりすることがよくある。
でも曲に厚みが出ないというか、共感も出来にくいというか、
そういうのを指摘されることがある。

音楽は人間の産物であって、
例えばすっからかんで頭が真っ白な日に演奏するのなら
無機質な演奏もまた人間らしくて良いと思う。
エラそうな人に限って感情表現は押し付けないというが、
でもそんなことを指摘する限り、
やはり感情を表現する事を押し付けてるということになる。

私が着々と演奏の技術を磨き続け、
それに人間らしさや感情表現は自然についてくるよ、
あなたから出る音楽は全部あなた自身だからいいのよ、
そんな風に言ってくれる寛大な人が現われるのを望んでいる。

私は人間だ。
私の表現は、全部私なのだ。
その全部は私の表現なのだ。
posted by ありさ at 11:08| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

罰ってものはこういうモノだ

学会員が実際病気になった人とかを指して、
「あの人はやめたから罰が当たったのよ」
という事があると思う。

なんで病気になってしまったのか?

もちろん遺伝的なものとか、生活習慣とか、
いろいろな要因があると思う。
しかし、私はここへ「思い込み・刷り込み」
の2つを付け加えたい。

くどい様だが、学会員はやめる人には
「地獄に落ちる」とか「病気になる」とか言う。
これらは普通に生きていたら言われる事など殆どない
ごく稀な言葉の暴力である。
そんな事を言われたら、心に残るのは当たり前だろう。
実際、どこの掲示板でもブログでも
これらの罵声は一度ならず二度三度も投稿されている。
この言葉は無意識のうちに自分を支配してしまう。
そんな言葉が無意識下に残ってしまうから、
身体が連鎖反応を起こし、免疫機能を低下させるなど
病気に対して不利な状態になってしまう。

いまこそもう一度、みんなで考えてみよう。
地獄も病気も、自分の行いで作るものだ。
誰かに言われて地獄には落ちない。病気にもならない。
全部、自分次第だ。
posted by ありさ at 00:00| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

創価のオトコ Part.2

週末のコンビニで例の創価のオトコを見かけた。
話しかけようと思ったが、立ち読みに没頭していたので、
とりあえず観察することにした(笑)

夕方5時頃だったが、どこかへ買い物に行ったようで、
ブランドの紙袋とか買い物袋をたくさん持っていた。
そして全然やめそうにない立ち読み。
私は店を出て別の場所へ行き、また前を通りがかったが、
まだまだ読み終わりそうになかった。

そこで一つ疑問。
まず、私がいた頃の一般の部長職には
ゆっくり買い物できる時間なんてなかった。
それなのに、あの買い物袋の山はなんなのだろうか。
きっと丸一日くらい買い物しまくったに違いない。
なんでそんなに時間があるの〜?

そこで家に帰って、家族に探りを入れる。

私「ねえねえ、○○君は最近会合に来てる?」

家族「この間××会館で体験発表してたよ。
   それに会合の度に創価班で道に立ってるし」

私「あっ、そう。さっきちょっと見かけたから。
  思い出しただけ」

家族「・・・」



私はちょっと期待をしてしまったのだ。
彼も私と同じように組織の矛盾に気づいて、
組織から離れたのかも、と。
だから丸一日買い物できたのかもしれない、と。
でも家族の言葉を聞くとあいかわらずのようだ。

彼は彼でいいと思う。だからガッカリはしなかった。
しかし、ちょっと淡い思いを抱いた私はバカだと思う。
posted by ありさ at 09:26| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

"かわいそう"の言葉の意味

昔の知り合いで、"かわいそう"と笑顔で言うヤツがいた。
私はそいつが大嫌いだった。
何でも可愛く「かわいそう」と言ってみれば、
女の子っぽくて男にウケると本人は思っている。
心なくかわいそうなんて言っても何も伝わんないんだよ、
そう言いたかったが先輩なので何度も飲み込んだ。

学会員も批判をしている人に対して
「かわいそうな方ですね。この先真っ暗ですね」と
そっちこそお先真っ暗ですねな言葉を吐いている。

本当に"かわいそう"と思うなら、「かわいそう」と言え。
心から同情や友情や愛情があるのなら、
それは本物の"かわいそう"に値する。
でもただ単に自分を高いところへ置いて
軽蔑の眼差しでかわいそうと言うなら、絶対に言うな。
人の輪の中で一番高いところにいると思っていたのが
そう言った途端に、一番低いところに落ちるぞ。

この"かわいそう"の言葉は、ひらがな5文字の
ものすごい簡単な言葉の様に見える。
でも、人間関係を高めることができる言葉であり、
反対に自分の価値を落とすことも簡単にできる。

学会員のみなさんには、この"かわいそう"を
心の底から本気で考えてもらいたい。
見下して言われた方は心に深い傷を負い、
言った方は相手の中で人間ランクの最低地点まで落ちる。
別に批判する人の持つランクなんてどうでもいい、
などと思うかもしれないですが、
そういう人が少しづつでもどんどん増えているから、
学会という団体は社会に受け入れられないのでしょう。
あ、言っておきますが、
与党を持ってるとか、広告をどれだけ出してますとか、
全然全く端から端まで全てまるっと関係ないですから。
学会の言う「人間ありき」のお話なので。
posted by ありさ at 09:20| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

創価大学受験

前にお話したかもしれませんが、
私は学校推薦枠で創価大学を受験したことがある。
でも受験会場で、入学しない事を決めた。
それは左前の人がお数珠をかけて
口パクで題目をあげていたのがきっかけだ。
声を出していたら3軒先まで聞こえるような
そんな凄まじい勢いだった。
それを見て気持ちが悪くなった。
そいつは知っている顔だった。
どこぞやの会合で
「創価大学へ入り絶対に池田先生のお役に立てる人材に!
大確信の思いで受験に望みたいと思います!!!!!」と
決意発表をしていたのだ。
会場には恐らく少し外部の人もいるだろう。
それなのにこの人は端から冷静に見ると
とても気持ちワルいことをしている。実証からは程遠い。

テストはそんなに難しいものではなかったが、
ヤル気が失せていたのでテキトーに解いた。
しかも中高生のギャルがよくやってる、
前髪が噴水のようになる立て結びで。
試験管は驚いたろうな。
その後面接も受けましたが、志望動機と聞かれた時、
「家から近いので(ウソ)。他は特になし」と答えた。
ましてや創立者に惹かれてなんて絶対に言わない。
前日のシミュレーションではそう言ってましたが。。。
その時、在席している学校が創価にチェックを入れられ、
後輩が合格しにくくなるんじゃ?なんて考えましたが、
あのガッコは受験なんてしなくて結構。
もっといい所なんて他にいっぱいあるさ!

今考えてみて、私はあの受験生に遭遇してよかったと思う。
だって、一生履歴書に「創価大学卒」って書くなんて
死んでもイヤ。絶対にイヤ。
その日は早朝から3時間唱題してたんだよね。
いや〜、功徳だ!
posted by ありさ at 11:18| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界190ヶ国?

やめて下さい、そのカウント。
熱心な幹部が手を上げて、
「ハイ!私が○○国へ行って必ずや広宣流布します!」と
言った時点で数えていませんか?
純粋にその土地の人が創価で頑張りたくて入るのかなぁ。
あんまりそうとは思えないのですが。
posted by ありさ at 10:37| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

中国での反日デモのニュースを見て

私は歴史がどうも苦手で、背景が何もわからないのだが、
ニュースでは「中国の愛国主義教育が原因だろう」と。
日本も戦争中は酷い事をしたのかもしれない。
しかし、本当にデモに参加した方々は、
歴史を隅から隅まで全部理解した上で、
日本が全ていけないと思っているのだろうか。

というのは、この「愛国主義教育」はある種の
マインドコントロールや刷り込みに感じるからである。
日本はこんなに酷い事をしましたと教科書に書き、
それを物心付かない頃から教え込ませたら

「学会に於ける私への福子的刷り込み」

に極似である。

反日デモの映像を見ると、学会がザッピングする。
私も何も感じずに学会の言うがままに
折伏、新聞啓蒙、選挙支援などをしていた。
コントロールする側の全くの言いなりである。
悔し涙が出るほどに。

こう見てみると、北朝鮮の将軍様、中国の愛国主義教育、
学会のマインドコントロール、どれも危険に見える。
教えられる事しか見えなくなっているために、
本当に大切な常識や道徳、世界規模の平和な連帯感が欠如し、
自分が自分として個性豊かに生き、
尚且つ地球上のありとあらゆるものと共存する事が難しい。
自分の世界でしか生きられないのは、とても悲しい。

どこにでもマインドコントロールがゴロゴロしている。
上手い宣伝文句のチラシに惹かれてしまうのもそうだ。
そんな世の中だけれど、常識や真実を自ら知る努力をすれば、
自分でコントロールを発信している物や人を選べるのだ。

私たちは自分を身を守る為、賢くならなくてはならないのだ。
posted by ありさ at 10:51| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しかと、観察。

よく人権無視の暴言を吐いている学会員は、
学会問題を訴えている人を見て、
「これからのあなたがどの様に堕落していくのか見ている」
と捨て台詞を残している。

学会員がどうなるのか、むしろコチラの方が観察したいのだ。
組織ぐるみで腐っていく学会も。
冷静でまっすぐと、常識の観点から。
posted by ありさ at 10:45| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

みんなでチャイルドを救おう

先日、フォスタープラン協会へ
毎月の寄付を申し込んできました。
ビンボーOLなので、グループで申込です。

http://www.plan-japan.org/

毎月3000円からの寄付で、
チャイルドを1人紹介してくれます。
そのチャイルドが18歳になり独立するまで
手紙を交換したり、ちょっとした贈り物をしたり
交流をしていきます。
その寄付は直接チャイルドに渡されず、
地域のボランティア団体を通して
文房具として支給されたり、
公衆衛生を整えたりする費用になります。

学会員の皆様、
何百万円も財務をするのであれば
フォスタープラン協会に少しだけ
寄付をしてみませんか。
フォスタープランの活動する地域は、
第三世界に広がっています。
また災害時の特別援護なども単発で行っており、
毎月でなくても寄付ができます。

*************************************

以下、スマトラ沖地震援護の
一般的な寄付内容です。
(フォスタープランHPに良い例がなかったので
ワールドビジョンジャパンのリーフレットより引用。
寄付金額の参考です。
http://www.worldvision.or.jp/ )

3000円で、5人の子供に石鹸や安全な水、
文房具などを提供し、
心的外傷カウンセリングを施すことができます。

5000円で、飲料水250リットルと、
マットを2つ、文房具を2セット、
衛生用品1セットを1家族に寄付できます。

27000円で、家族5人が安全に暮らせる
仮設住宅(3.6m×4.5m)を提供できます。

*************************************

学会には資産が何兆円もあることが
雑誌などで言われています。
実際、会館の壁紙などは
海外の一流ブランドから取り寄せるので
破ると貼りかえるのが大変などとも
色々な方から聞いています。
銀行の頭取も、年始一番に挨拶にくるとも
言われていますね。

当分の間は、学会は自分の力でやっていけると
普通に考えて思いませんか?
だったら、上のようにムダに使われるより
本当に援護が必要な方を助けてあげた方が
よっぽど善根を積めると私は思います。
善根云々という以前に、
同じ人間として困っている人を助けてあげたい。

助けを求めている人に、持っているものを与える。
学会がどういった目的で財務を実施し、
会員がどういった思いで布施をするなどとは
私はここで問いません。
ただ、一人間として、自分の尊い財産が
どうしたらより社会の為に役に立つのか、
どうかじっくり考えてみてください。
posted by ありさ at 00:00| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

お茶飲み会

選挙が終わっただ、総会が終わっただと言って
なんだかんだでお茶飲み会が行われる。
特におば様方はそういうの大好き。
一時、そういうお金のかかる事はやめようと
上からの指導があった時もあったけれど、
そんなのおかまいなしでやっている。

みんなポトラック形式の一品持ち寄り。
お菓子とか漬物とか、なんでもアリ。
でもうちに来るまでに溶ける物とか
そういうのは絶対にやめて下さい。
フリーザーは冷凍食品でいっぱいで対処できないので。

うちは拠点なので後片付けが大変。
拠点をお借りしているみなさん、
会場を借りると言う事がどういうことか
ちゃんと理解していらっしゃいますか?
会場を借りている時間帯は
その家のプライベートがなくなります。
終了後も片付けが待っています。
会場主が「会場を提供することで功徳が積める」と
本気で思ってなければ、
会場を借りる事はできないんですよ。

実際、自分の家を会場に貸したくない人は
組織内にたくさんいます。
それだけ信仰がドライで薄っぺらく
変化してきているのだと思います。
さすが、学会の言う「21世紀の宗教」ですね。
posted by ありさ at 00:00| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

驚いています

最近よく学会員の方からメールを頂きます。
そう一言言うと、「こんなのウソだから批判するな」
みたいな内容かな?と思われるかもしれませんが、
実はみなさん、ほとんどの場合が賛同者です。

学会をやめないものの、私のブログは読んでいて下さって、
共感して下さり、応援メールを頂いています。
私の立場も微妙なもので、
ブラックホールみたいなものが目の前に現われて
学会をスルッと一息で飲み込んで
宇宙の彼方に持ってっちゃってくれないか、
とか常に思っているのですが、
学会にも多少の常識人がいるわけで、
その方々の内部改革に少々の期待も持っているわけです。
ちゃんと存在してるのだから、
改革してくれないと社会が困ります。

会員の方からも応援して頂き、素直に嬉しいです。
これからもよろしくお願い致します。
posted by ありさ at 09:48| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

断片的に飛ぶ記憶

思い出したくても思い出せないことがたくさんある。
しかし、私の様なアダルトチルドレンには普通の事の様だ。

特に抗不安薬を飲んでいた頃の記憶が薄い。
毎日薬を飲み、会社へ行って働き、帰宅後は活動、
その繰り返しが延々と続いていたのは思い出せるが、
誰と会ってどんなことをしたかとか、
どの本を読んでどう感じたかとか(それ以前に内容が不明)、
よく思い出せないことがたくさんある。
細かな事は思い出せないくせに、辛い思いは確実に残る。
そればかりが自分の中でクローズアップされるために
他の事がフェードアウトして余計に思い出せないのだろうか。

一番辛いのは毎日忍耐で学会活動をしてきた事だが、
その次に辛いのは当時付き合っていた人との思い出が
ほとんどと言っていいほどに思い出せないことだ。
その時は今よりずっと物忘れがひどかった。
何でもすぐに忘れるから、相手を苦しめた。
電話一本やメールにしたってそうだ。
「こんなじゃ誰とも付き合えないね」と言い訳した私に対し、
悲しい顔をした彼の顔を、昨日突然思い出した。
辛いな。今頃思い出しては胸が締め付けられる。
切ないよ。
posted by ありさ at 09:16| 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。